デリヘルドライバーの仕事内容

仕事内容

デリヘルドライバーYの1日の仕事内容

スペック
デリヘルドライバーY
年齢34歳

昼間は会社の営業
持ち込み車両ワゴンR
デリヘルドライバー歴2年3ヶ月

 

【20時】事務所に出勤

昼間の会社が終わって一度帰宅し、シャワーを浴びて一息ついて出勤時間。

 

まずは自分の車を運転して事務所に出勤してスタッフに指示をしてもらいます。

 

【20時20分】デリヘル嬢Aちゃんのお迎え

この日の最初の仕事は事務所から20分ほどのデリヘル嬢Aちゃんの自宅へのお迎えから。Aちゃんの家の近くのコンビニに到着して事務所に電話で連絡。「Aちゃんのコンビニ付きました」

 

5分ほどして車の後部ドアが開き「おはよー」とAちゃんの声。一緒に一度事務所に戻ります。

 

デリドラお仕事チェック!

デリヘル送迎ドライバーの大事なポイントは運転はもちろんですが「連絡・報告」が大事なポイント!「女の子を車に乗せた時・お客さんのところに到着した時」必ず事務所のスタッフに電話などで連絡することが大切です。

 

【21時】デリヘル嬢Bちゃんをラブホテル1へ送る

Aちゃんを事務所近くで降ろして自分は次の指示を電話で受けます。次の仕事はデリヘル嬢Bちゃんを繁華街のラブホテル1へ送ります。5分ほど車にいるとBちゃんが降りてきました。事務所のスタッフに「Bちゃんキャッチです」と伝えて出発。渋滞もなく15分ほどでラブホテル1に到着。到着したことをまた電話で報告です。

 

【21時20分】ラブホテル1の駐車場で待機

次の仕事はBちゃんを送り届けたラブホテル1でデリヘル嬢Cちゃんの仕事終わりを待つ仕事です。20分位で接客が終わって降りてくるとのことでそれまで車の中で待機です。

 

待機中はスマホでネットを見たりコーヒーを飲んだりしてまったり過ごします。

 

デリドラお仕事チェック!

デリヘルドライバーが持っておいたほうがいいアイテムは携帯・スマホの充電器です。自分の携帯でお店とやり取りをするので、仕事中に電池が切れては大変ですからね。あとは待機中のヒマつぶしもできなくなってしまいます(笑)

 

【21時50分】デリヘル嬢Cちゃんを乗せてお客さんの自宅へ送る

20分後、デリヘル嬢のCちゃんが仕事を終えてラブホテルから出てきました。お客さんからもらった売上のお金をCちゃんから受け取って事務所に連絡。

 

デリドラお仕事チェック!

デリヘルドライバーはデリヘル嬢の女の子がもらった売上のお金の管理もします。預かった売上を事務所に帰ったときに内勤スタッフに渡します。預かる売上のお金やお客さんの利用場所などを記録するためのメモ帳とペンも必須アイテムです。

 

Cちゃんを乗せたまま次の予約のお客さんの自宅へ向かいます。デリヘルはラブホテル・ビジネスホテル・自宅が基本的な利用場所になっていて、今回はお客さんの自宅になります。

 

お客さんの自宅の住所をメモして検索します。車にはナビが一応付いてますが、最近はスマホのグーグルマップを使ってナビ代わりにしています。グーグルナビのほうが車のナビより正確なんですよね(笑)

 

次のお客さんの家は現在地点から1時間くらいかかるところで、少し遠目ですね。始めていく場所ですし、自宅となるとわかりにくかったりするので、自宅だといつも少し不安です。

 

乗せているデリヘル嬢Cちゃんは、21歳の大学生の女の子で気さくな子なので話も楽しいです。「どこそこのラーメンが美味しい」なんて話をしながら楽しく運転です。いい子を乗せてる時は「デリヘルドライバーしててよかったなー」って思いますね!

 

デリドラお仕事チェック!

女の子によっては無口で無愛想で生意気な子もいて、、車内でタバコをスパスパ吸って来る子もいます。自分は非喫煙者なので自分の車の中でタバコを吸われるのが嫌で、社員さんに相談したら「ドライバーYの車は禁煙」ということにしてくれました。

 

【22時40分】お客さんの自宅に到着→60分待機で夕食

お話などしているうちにお客さんの自宅近くに到着。今回の家はわかりやすいマンションだったので予定より10分位早く到着です。
お店に到着の電話を入れてCちゃんはお客さんのところへ向かいました。

 

今回の家は繁華街から遠いのでおキャンさんのサービス時間の60分まるまる待機の指示です。

 

昼間の会社から帰ってきてから夕食を食べてなかったので近くのコンビニでお弁当を買って車の中で遅めの夕食。

 

デリドラお仕事チェック!

デリヘルドライバーは忙しい時は忙しいですが、待機時間が長い日もあるのでその時はゆっくりできたりするのがメリットですね。

 

【23時40分】デリヘル嬢Cちゃんをキャッチして事務所へ

接客が終わったCちゃんは翌日も大学があるので今日の勤務は終わりのようなので、事務所へ送ります。Cちゃんはその日のお給料をもらって、お仕事終了。次の指示はCちゃんを自宅に送り届ける運転です。

 

【24時00分】デリヘル嬢CちゃんとDちゃんを自宅へ送り

Cちゃんともうひとり、Dちゃんが今日は仕事が終わりということで2人を家に送るという指示。

 

Dちゃんの家のほうが近いのでまずはDちゃんの家の近くまで送り届けます。今回は3人のドライブなので後ろの座席で2人でおしゃべりしてます。彼氏の話とか、好きなアーティストの話とかしています。

 

Dちゃんを送り届け、次はCちゃんの家に向かいます。Cちゃんと話していると癒やされるから食事にでも誘ってしまいたいという衝動が出てきます。

 

お店のルールで「デリヘル嬢との連絡先交換禁止、食事なども禁止」となっていて、ルールを破るとクビだけじゃなくて罰金のペナルティも課されます。数十万円という高額の罰金なので、さすがにリスクが高くてCちゃんを誘うのは断念。

 

無事にCちゃんを家に送ってから次の女の子が出てくるラブホテルヘの迎えです。

 

【03時00分】本日の仕事終了。給料計算

女の子を乗せてホテルや自宅、待機場所、女の子の自宅の移動を繰り返して今日の仕事は終了。

 

事務所へ戻って売上金やガソリン代などの精算です。デリヘルドライバーの給料はお店によって違いますが、月ごとの振込です。今日の勤務時間は7時間でしたので時給1200円で日給になおすと8400円。

 

ガソリン代は1キロの走行で20円です。今日の走行距離は合計65キロでしたので1300円。これも給料と一緒に振り込まれます。

 

今日もお疲れ様でした(^o^)

 

デリヘルドライバーYの1日の仕事内容まとめ

昼職をしている会社員ですが、夜は副業アルバイトとしてデリヘルドライバーをしています。週3回の出勤で1日8000円〜10000円くらい稼げますので、週給3万円×4週間で月給になおすと10万円から12万円くらいの収入になっています。

 

車の運転は好きですし、女の子と話すのも好きなので自分的には向いている仕事だなと思っています。

 

会社の給料だけでは生活が厳しいので夜のアルバイトとして始めたデリヘルの送迎ドライバーですが、時間の融通も効くし、専門的な知識やスキルがなくても、運転免許と車さえあれば気軽に働けるのもおすすめポイントだと思っています。

 

家族や昼間の会社の同僚や上司には、居酒屋でアルバイトしてると話しているので、デリヘルの送迎運転手をしているということもバレないで働けています。

 

デリヘル嬢の女の子を好きになっちゃって罰金を取られないように気をつけつつ(笑)続けていければいいなと思っています。

 

送迎以外のデリヘルドライバーの仕事

上の体験談のような流れが普通のデリヘルの送迎の仕事となります。

 

お客さんと会って確認・料金のやり取り

ですが、一部の店舗ではドライバーが「お客さんの確認」「料金のやりとり」をすることもあります。
通常のデリヘル店であれば、お客さんの派遣先に女の子を連れて行ったら、女の子が直接、部屋に向かい、利用金額をもらうシステムのところを、最初にドライバーがその業務をするお店も稀にあります。

 

理由はお客さんが泥酔している場合や、挙動不審で危険な人物ではないかの確認をするためです。「おかしい客」と判断した場合はフロントスタッフに電話で支持を仰ぎます。

 

トラブル時に部屋に助けに行く

デリヘル嬢を送り届けたら、サービス先の近くで待機となるケースが多いです。プレイ中にお客さんが乱暴をするなどのトラブルが起き、フロントに連絡が行った場合はドライバーに電話が行きます。最も近い距離にいるドライバーはすぐさま女の子を助けに向かう必要があります。具体的には、本番行為の強要や、暴力、盗撮、頭頂などの違反行為が行われたときが多いです。

 

確認したらすぐに警察を呼んで対処してもらう流れとなります。

 

もちろん、ドライバーは多少の事情聴取を受けるかも知れませんが、不利益を被ることは一切ありませんので安心してください。

 

【動画】デリヘルドライバーの仕事

実際にデリヘルドライバーをしている方の仕事内容に関する動画です。向いてる人や向いてない人、持ち込み車両の燃費による選び方などを赤裸々に語っています。

仕事内容記事一覧

トップへ戻る